バカになれることの強み

 



私はバカになりたい。

気が触れたか?と思ったかもしれませんがそうではございません。

気はもともと触れております。


バカになれる人って強いですよね。

強いっていうのは「お?コラ」みたいなことじゃなくって

結果を出しやすいってことですよ。

 

とにかく自分でも嫌気がさしてきますが

「人の目」とか「評価」とか「立場」とかいろんなしがらみで自分のアクションを制限されてるなと

制限されてるというより勝手に自分でブレーキを踏んでるんですね。

冷静に考えれば何も障害がないところで。

もっと自分の好きなことを好きなようにやったって、周りは、世の中は

そんなに干渉してこないんですよね。

よくも悪くも、「ふーん」くらいで終わることが(振り返ってみれば)ほとんどだと思います。

だから本当はもっと自分の好きなことを好きなようにやって、打算なんかせずに楽しんでいる方が自分でも意外な結果を残せたりするんですよね。

周りからどう思われるかとか、やる意味とか、どんな結果が出るかとか

やる前から考えてしまうのは少しもったいないのかなと思います。

特に現代の日本人は、ムダを嫌い、なるべく合理的に生きようとしています。

それはもちろん間違いじゃないし、時代の流れやニーズに合わせた進化なんだろうと思いますが

時にはなんの意味もないことや、感情に任せて思い切り自分の趣向や興味があることにのめり込むことも大切だと感じます。

他人に迷惑をかけなければ!

僕もまだまだ「やりたいムダ」がたくさんありますからねー

いつか一ヶ月くらいなんの意味もないことをただひたすらやるっていう生活をしてみたいですね!

「いろんな山に行って穴ほってみた!」とか。

 

・・・それはやめとこうかな。



カテゴリーDays