成功したければお酒をやめるべき

どうも、光化学スモッグ、クラウンです。

お酒は好きですか?

近年、酒税は上がり、若者の酒離れは進行し、どんどんお酒を飲む習慣がなくなっている日本。

少し前まで「仕事で出世したければ酒の誘いは断るな」などと言われていましたが、そんな概念が覆されようとしています。




酒が飲めないと出世できないのか

「酒が飲めないと出世が遠のく」とはよく聞きます。

お酒が飲めることと、仕事上の出世と、一見関係ないように見えるこの要素。

「出世できない」と言われる理由、それは何故なのでしょうか。

 

上司に好かれる

一つは、お酒が飲めると上司に好かれ、仕事上の優遇、また、有益な情報がもらえるというもの。

しかし、お酒が好きじゃない上司の下に配属された場合はどうなんでしょう。

この理由はとても限定的なものに感じます。

 

「飲みニケーション」とかいうカスいコミュニティ

お酒を飲む人同士のコミュニケーションを、「飲みニケーション」などと呼び、素面では話せないことや腹を割った話で信頼関係を築ける、というものです。

そもそも、酒に酔わなければ腹を割って話せないやつ、素面では言えないようなことを酔うと言っちゃうやつと信頼関係は築けません。

 

「接待=酒」というしょぼい価値観

日本の悪しき伝統とでもいうべきか、「接待」というとお酒を酌み交わす、風俗にいくなどの欲まみれな醜態をさらけ出し合うことのように言われます。

しかし、別にホームパーティーに招待したり一緒にスポーツを楽しんだりして距離を縮めるようなスマートで健全な関係でも、十分に接待はできます。

 




酒を飲まない人の方が成功に近い理由

こちらのブログでも記事にされていますが、成功者の方にお酒を飲まない方は多いです。

何故今、お酒を飲まないことが成功に繋がるのか。

 

「お酒にまつわる失敗談」と無縁

お酒が好きな人なら必ず一つや二つ持っている、「お酒での失敗」「お酒にまつわる恥ずかしい話」

これらは、対岸の火事として聞く分には面白いかもしれませんが、例えばビジネスの相手としてそんな失敗をする恐れのある人、もしくはそんな話が絶えない人に大事な仕事を任せようとは思えません。

その点、お酒を飲まない人にはそんなリスクは最初からないわけですから、お酒大好きな人よりも信頼できます。

 

お酒を飲む時間の有効活用

例えば毎日お酒を飲む人だったら、毎日そのお酒を飲んでいる時間は仕事や生産的なことはしていません。

お酒が入った状態の脳のパフォーマンスの低下は、これだけ飲酒運転が厳しく取り締まられている状況を見れば明らかです。

「酔って記憶がない」なんていう人もいる中、お酒を飲んでいる時間にしていることは非生産的です。

しかし、お酒を飲まない人は、その時間も仕事をしているかもしれませんし、何か建設的なことに時間を使っているかもしれません。

もちろん無駄な時間を過ごしている人もいるでしょうが、ポイントは「脳のパフォーマンスが落ちていない」ことなのです。

その状態ならもし緊急で仕事ができてもすぐに対応できます。

そこに信頼性があるのです。

 

健康上の問題

お酒を毎日のむ人は、もれなく肝臓や脳へのダメージがあります。

法律で年齢制限があるくらいですから、そのダメージはそんなに小さくありません。

お酒には「依存性」もあり、アルコール依存症などになってしまえば、社会的信用どころか日常生活にさえ支障をきたす可能性があります。

その点、お酒を飲まない人はアルコール依存にはなりようがありません。

この点でも、信用できる相手としてお酒好きの人よりもアドバンテージがあるのです。

 




まとめ

お酒が飲めないことが仕事の成功を遠ざけると言われていたかつての社会。

しかし、改めて考えてみればお酒を飲まないことの方がよっぽど社会的には優位です。

 

「信頼」を勝ち取る上で、飲まない方が圧倒的に有利

全ては「信頼できるか」です。

お酒を飲み、機密情報や他人のプライベートな話を口走ってしまう危険性がない、健康上依存症などのリスクもなく、自己コントロールができそうな印象を与えられる、お酒に費やす時間やお金を別なことに回ししっかりしてそうなイメージを持ってもらえることが、ビジネス上信頼して仕事を任せられそうだと判断してもらえるのです。

これだけ、お酒が好きな人とお酒を飲まない人には信頼の差が生まれるのです。

これからは、お酒を飲まないことが成功への第一歩となるでしょう。