【人類の敵】「面倒臭い」に勝つこと

スポンサーリンク
Happiness

「面倒臭い」と思うことがなければどれほど人生は効率的に生きていけるでしょう。

やらなければいけないこと、やりたいこと、そうした方が良いことetc

でもその前には理性を超えた大敵「面倒臭い」がいつも立ちはだかります。

「面倒臭い」に勝つことは人生の攻略法を得ること

はっきり言って「面倒臭い」に勝つことができれば人生はイージーゲームになります。

それほど面倒臭いと思うことが我々に悪影響を及ぼしていることはなんとなく体感で経験がありますよね。

でも面倒臭いからやらない、を続けていられる訳もありません。

どこかで立ち上がり、クリアしなければならない課題がいつも我々にはついて回るのです。

面倒臭いに勝つ方法

じゃあどうすれば良いのか考えてみましょう。

きっと何かのヒントになると思います。

「めんどくさい」と思うことと思わないこと。

その部分に注目してみましょう。

「やりたいこと」

自分がやりたくてしょうがないこと、これは「面倒」とは思いませんよね。

ゲームがしたくてしょうがない子供が早起きしてゲームのスイッチを入れながら

「めんどくさ〜〜〜い」とは言いません。

また、大人でも休日に早起きして趣味の釣りに出かける、ツーリングに行く、気になる異性とデートに行くなど、自分が本当にやりたいことには面倒臭さを感じません。

好きになる

ということは、その行為や目的を好きになる必要があります。

仕事、家庭の都合、買い物やディリーワークなど

やらなければいけないことを楽しめる考え方にスイッチしましょう。

「家族の都合で区役所にいかなければいけない」

⬇︎

「帰りに美味しいケーキを食べよう」

など、ご褒美を用意することも有効です。

危機感を持つ

仕事のタスクや事務的な手続きなど、それをしないこと、遅れさせることで発生するリスクを考えてみる。

正攻法ですが有効です。

めんどくさい、やりたくないというのは必要性<感情という理性的な判断を感情が超えてしまっている状態ですので、一度落ち着いて考えてみてやらないことで起こるデメリットを把握してみれば、「こんな一瞬で終わることを面倒がって後で大変な思いをする方がよっぽど面倒だ」と冷静に判断できます。

面倒臭い、と思ったら一度ちゃんと考える思考習慣は大切ですね。



「面倒臭い」のネガティブ感情を打破すること

まとめると、「面倒臭い」という感情の裏には必ずネガティブな感情があります。

寒い、暑い、眠い、だるい、、、

こういったネガティブ感情をいかにポジティブに変換できるかが鍵です。

外に出る楽しみを見つける、行動することで起きる自分への変化を感じるなど

ポジティブ要素をどんどん見つけて行動しましょう。

そしてそこに行くまでの最大の秘訣は「考えるより前に行動する」ことです。

とにかく物理的に動き出してしまえば、実はそれほど面倒臭さは感じません。

「面倒臭い」を雑魚扱いして、活力的な毎日を送りましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました