目標の決め方

スポンサーリンク
Days

2020年がスタートし早20日が経とうとしています。

みなさんは「今年の目標」をもう決めましたか?

また、長いスパンで考えれば

人生の目標があるかないかで生き方は大きく変わります。

大きな人生の目標を持ち、生きがいのある日々を送りましょう。




目標の決め方

「目標を決める」と一言に言っても、どうやって目標を決めたらいいのか、迷いますよね。

まずは、目標の立て方を考えてみましょう。

 

どんな自分になりたいか

まずは、どんな自分になりたいかを単純に羅列してみましょう。

  • 少し痩せたい
  • 資格を身に付けたい
  • 収入を上げたい
  • 引っ越したい
  • 趣味を見つけたい
  • 仲間を作りたい
  • 結婚したい
  • 仕事の役職を上げたい

考えるとキリがないですね。

ここから、何を一番に取り組むのか、優先順位を決めましょう。

 

優先順位付け

あれもこれもと手を出しても、結局全部中途半端になってしまうので、自分の中で優先順位をもうけ、その中から一つ二つをピックアップして取り組みましょう。

 

優先順位の付け方

優先順位には付け方があります。

・長期スパンで考える

目標立てで大切なことは、「ゴールから逆算して考えること」です。

5年後自分はどうなっていたいか?

3年後の自分は・・・?

2年後の自分は・・・?

来年の自分は・・・?

そうして考えると、「急ぐこと」、「ゆっくりでいいこと」が分けられます。

 

・時間が限られているもの

また、基準の一つは、時間制限があるかどうかです。

今だからできること、やりたいことを優先的に考えましょう。

例えば、引越しや資格の取得などは時間も費用もかかります。

半年後、一年後、今と同じ環境で生活できているか・・・?

環境や生活スタイルが変わるとできないことは優先的に行動しましょう。

 

・一時的なものか継続的なものか

取り組みが一時的に頑張れば成果が出るものか、継続的に取り組む必要があるかです。

例えば、資格取得や仕事のタイトルアップは成果がはっきりしていてかつ手に入れるまでは大変ですが一度手に入れれば継続的な努力はそれほど必要ありません。

対して、ランニングを日課にすることやダイエット、趣味を見つけて楽しむことなどは結果が「状態」なので、長期的に継続し続ける必要があります。

 

・達成が現実的かどうか

目標はゴールから決め、細分化して簡単なことから達成していくことがセオリーです。

平均体重より多い人がいきなり「モデル体系になる」といった目標や、今平均的な年収の人が「億万長者になる」といった目標を立てても、具体性やビジョン、行動のプランを立てるのが難しくモチベーションも継続しません。

まずは今の自分がちょっと頑張れば達成できる目標を決め、成功体験を積み上げることが大切です。

 

紙に書き出してみる

人は意外と、自分ではできているつもりでも「自分の頭の中でまとめる、整理する」ことは苦手です。

まずは思いついたことややりたいことを紙に書き出し、現実的なものから優先順位をつけましょう。

コツとしては、長期的な目標(人生の目標など)は大きく、短期的な目標(今年の抱負など)は小さくすることです。

ゴール:将来的に自分の店、カフェをオープンする

今年の目標:勉強のため、月に3件のまだ行ったことのないカフェに行く

 

目標を一つずつ達成し、最高の人生へ

目標を持つことは素晴らしいことです。

毎日に活力が生まれ、達成することで自己肯定感や成功体験、自信につながります。

大きな人生の目標と、日々の小さな目標達成の喜びを感じ、いきいきとした最高の人生を送りましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました