メンヘラを落とす3つのステップ

スポンサーリンク
Days

どうも、コスモグラフィコ・クラウンです。

 

メンヘラとは、メンタルヘルスが語源となっており、精神的に不安定な状態の人や、心に病を抱えた人のことを指します。

出典元:Google先生

メンヘラ。

その海よりも深い4文字の響きに人は惹かれ、そして恐れを抱く。

「簡単に近づいてはいけない。」

自分の心の一番繊細な部分が、そう警鐘を鳴らす。

しかし

 

メンヘラと付き合いたい。

 

それもまた、心の一番奥深くからかすかに漏れ聞こえる本当の声なき声である。

メンヘラと付き合うとどうなっちゃうんだろう。

毎日仕事に行く前に泣かれるのかな。

帰ってきて疲れてるのに「ギュってして」とか言われちゃうのかな。

寝る前にもいきなり泣かれて、「どうしたの?」って聞いたら「わかんない」とか言われて出口のないトンネルにいざなわれちゃうのかな。

浮気なんかした日には包丁片手に「一緒に死の?」とか「誰かに取られるくらいなら殺す」とか言ってトイレに2〜3時間立てこもらなきゃいけなくなっちゃうのかな。

 

なんて不安と好奇心に胸が踊る夜もあるはず。

 

ここでは、そんな非合法お薬にも似た、一度手を出したら簡単にはやめられないメンヘラの入手方法を伝授します。

あくまで、ご使用は自己責任にてお願い致します。

 

 STEP1:メンヘラと出会おう

 

まずは、メンヘラと出会うところから全ては始まります。

メンヘラの生息分布

メンヘラは基本的にコミュ障×出会い厨であることが多いため、

出会い系サイト池袋の路上などに生息しています。

注意しなければならないのは、すでに悪いオスに飼われているメンヘラお金目的のビジネスメンヘラに手を出さないように気をつけましょう。

すぐに体の関係に持って行こうとするメンヘラは要注意です。

しかしメンヘラはもともと貞操観念激ユルであることが多いので、慎重かつ大胆に野生のメンヘラかどうかを判断する必要があります。

年齢を見極める

メンヘラという属性が許されるのは、25際までのメスに限られます。

それ以上の年齢のメンヘラはただの厄介な人なので、関わると疲れます。

ただ、メンヘラはその特性上詐称や多少の嘘は挨拶程度に考えているのでここも鵜呑みにせず会話や言葉遣い、見た目や趣味嗜好などから推理しましょう。

メンヘラに好かれる見た目

メンヘラは好みのオスのタイプが比較的極端になります。

髪長め、どちらかというと不健康、黒基調のファッションなどが好まれ、意外と太っている痩せているという体型には無頓着だったりします。

かつ謎の独自の価値観を持っていることが多く、小太りのハゲた中年を「かわいい」などと言って愛でるタイプもいます。

正統派イケメンにそれほど魅力を感じておらず、身長は低い方がいいというメンヘラも多いです。

 

STEP2:メンヘラを口説こう

 

出会ったメンヘラは「その日に口説く」が鉄則です。

冷たくするのはNG

「恋は駆け引き」などと言いますが、メンヘラ相手に押したり引いたりの駆け引きは無用です。

基本的に「恋」という概念がなく、あるのは「愛」・「死」・「生」の3つです。

そして「愛」は永遠に手に入ることがない憧れ、「死」は常に日常と隣り合わせにあるもの、「生」がかろうじて繋ぎ止めている現実という自分設定があるので、出会ったらとにかく「君のこと、俺はよくわかるよ」というスタンスで優しくしまくりましょう。もう言っちゃっていいです。そう言いましょう。

比較的簡単に「なんでそんなに優しいの?」とか「なんでわかってくれるの?」とか脳みそ軽そうなことを言い始めるので、「俺と君は運命なんだよ。俺も同じ人種だから・・・わかる」とかメンズナックルのストリートスナップに書いてありそうなこと適当に吐いておけばOKです。

体の関係にはすぐなれる

メンヘラは基本的に「体と心は別物」、「体をどれだけ重ねても、心は一つになれない」などと都合よく性を解釈してくれています。

「せめてこの一瞬だけでも、君の体温で孤独を忘れさせて」とかXジャパン顔負けのリリックですぐ抱けます。

しかし逆に言えば、セッ◯スしたからと言って付き合えるかというとそこはやはり「心は分かり合えない」、「愛なんてタワゴト」と考えているので一筋縄ではいきません。

こちらが真剣に恋をしてしまうと逆に傷つくことになるので、真剣交際は時間をかけて信頼関係を作りましょう。

付き合うという概念を捨て去る

メンヘラちゃんは「本当に私のことをわかってくれる人なんていない」と思っています。

なので、「付き合ってる」とか「付き合ってない」などという概念、「関係性」は重視していないことが多いです。

付き合っている、という言い方はせず、「気づいたらいつも一緒にいる」「行き場のない傷ついた野良猫どうし、身を寄せ合ってるだけ」的な眼帯が似合いそうなこと言っておいて同棲まで持っていきましょう。

 

STEP3:殺されないようにうまく付き合っていこう

 

本当に大変なのは、付き合ってからです。

一途に思ってくれていることも多い

メンヘラにはコミュ障が多く、基本的に友達は少ないです。

その分、一緒に住み始めたりすると常に構って欲しい、何をするのも一緒じゃないといや、という個体も多いです。

最初のうちはなんて可愛らしいんだ、理想的な彼女だと思うこともありますが、公私の境なく求められることが続くとだんだん重くなり、次第に「甘えんな」「死にたいなら死ね」と思ってしまいがちです。

しかしそれを口にしてしまえば本当に実行することは彼女たちにとって容易です。絶対に口にしないように気をつけましょう。

一途に思ってくれているなあと、楽天的に考える余裕を持つことが大切です。

信用しすぎに注意

常に一緒にいたがったり、常に必要とされると次第に安心しきってしまいメンヘラの行動を見落としがちですが、基本的に出会い厨で貞操観念激ユルなので油断は禁物です。

いつの間にか知らないオスとの子供を孕んで帰ってくることもあり得ます。

しかもそれを責めると「寂しかった」、「この子とあなたを殺して私も死ぬ」などと脳内麻薬バキバキなことをのたまいかねません。

付き合いが長くなっても、その動向には常に注意を払っておきましょう。

浮気はバレたら死ぬと思え

自分は浮気という概念すらなく、「寂しかった」で子供作ってくるくせに、いざこちらが浮気でもしようものならすかさず隣り合わせにあったをチラつかせてきます

「あなたを殺して私も死ぬ」、「その女を殺してあなたも殺す」そんな常軌を逸した行動も迷いなく実行に移します。

包丁やカミソリ、ハサミなどの身近な刃物や凶器となり得るものはすぐに持ち出せないように厳重に管理しておきましょう。

友達や親族には「俺と連絡が取れなくなって3日たったら通報しろ」などと伝えておくのもいいかもしれません。

 

心得を守り、楽しいメンヘラライフを

 

多少のリスクはありますが、恋にはいつもリスクがつきものです。

依存しすぎず、依存させすぎずうまく付き合っていくことができれば、メンヘラは可愛げもあり非常に充実した日々を過ごせるでしょう。

普通の相手では味わうことのできない深い愛情や狂気じみた会話も、あとで振り返れば二人だけの大切な思い出となります。

くれぐれもお薬の飲み過ぎや流血沙汰に気をつけ、明るく楽しいメンヘラライフを送りましょう。

あなたに、素敵なメンヘラとの出会いがあることを願っています。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました