家と車は買っちゃダメ

どうも、やんごとなき甘さfor自分、クラウンです。

家と車は買っちゃダメなんだそうです。




なんで買っちゃいけないのかというと、

余るから。

少子高齢化で人口が減少していく今の日本で、家や車はどんどんオーナーが減っていくから今あるやつが余って不動産や車の価値が下がるよ。ということらしい。

だから家とか車を借金してまで買うと、どんどん値下がりするものにずっと高いローンを支払うことになるよ。ということだそうです。

➡︎マンションや家は絶対買うな!必ず不幸になる3つの理由!

➡︎家なんて200%買ってはいけない!資産価値ゼロ、賃貸より多額の負担…危険な取引

確かに考えてみれば、僕が結婚して二人で家が欲しい、と思ったとして

家を建てたら、

  • 自分たちの家
  • 自分の両親の家
  • 嫁の両親の家

と、少なくとも3件の家があることになる。

で、親はいずれ死ぬから、いつかは僕ら夫婦だけになったとして2件余りますね。単純に考えれば。

そのとき「じゃあ売ろう」と思っても、家があちこちで余ってるから売れないよ。ということか。

新築や新車じゃなきゃどうしてもいやだ!という人だったらローン組んででも買うのもわからなくはないけど、確かに今後人口が減り続けるとしたら賢い選択ではないのかも。

ちなみに人口はこんな感じになるらしいです。

今から14〜15年後に3軒に1軒が空き家ってヤバイなw

今後家と車を買うのは慎重に考えた方がいいかもしれません・・・!!

 

 







カテゴリーDays