東京都内のお金を拾って歩くと38億円集まる日本

お金を落としたことありますか?

「現金落し物38億円超、東京都内 2018年1年間」

現金落とし物38億円超、東京都内 2018年1年間  :日本経済新聞

東京都内で2018年1年間、落とし物として交番や警察署などに届けられた現金は計約38億4千万円(前年比2.4%増)に上り、過去最高を更新したことが、警視庁遺失物センターのまとめで分かった。3年連続で

 

出典:日本経済新聞




東京都で2018年の1年間に38億円の現金落し物があったそうです。

その後持ち主が判明しないままのものは5億円あったとのこと。

 

お金を拾って1年間東京で歩き回ると、年収38億ですね。

厳密にはそれはありえないですが、届けられたお金だけで38億円ですから、

いわゆる「ネコババ」されたお金や金品を入れればもっと額は大きくなります。

「お金がない」、「お金欲しい」と言ってる人がたくさんいる裏側で、

365日で割っても1日1000万円以上都内でお金を紛失してる人たちがいるんですよ。

日本、豊かですね(笑)

そして、「届けられたお金が38億」ってすごくないですか?

例えば1000円や2000円だったら確かに僕も届けます。

でも100万円だったら?

100万ボンと落ちてたら?

「怖くて届ける」とか「関わらない」という人も多いと思いますが

「いったん・・・プールしようか・・・

私の自宅に・・・。

いや・・・、ほら、誰かにね、誰か、悪い人が、ね。持ち去ってもあれだから・・・・。」

となる人もいるでしょう。

僕はそうなるかもしれません。

そう考えると

お金を拾ってもちゃんと交番なりに届けて

持ち主に帰ることを願う国民性

日本、豊かですね(笑)

というか、なんでお金落とすの?と思いますけどね。

自慢にもなりませんが僕はお金落とした、財布無くした、というのは

中学生のとき2回やったっきり2度とないです。

だって悔しかったですからね。

そのせいでできるはずのことができなかったんですから。

1,000円でできること、わかってますか?

ファミチキなら6個も買えるんですよ?

日本、豊かですね。

 

 







カテゴリーDays