短文SEOは成立するのか

短文でSEOは成立するのでしょうか。




短文でも検索順位上位は獲れる?

今までの常識はとしては、3,000文字〜の長文がSEO対策として有利とされてきました。

しかし、多くの方がおっしゃっているように、

「長文をだらだら読むのは苦痛」、「なかなか知りたい情報に行き着かない」

というのも事実だと感じます。

情報量を多くしようとすると、答えを先に述べてしまうとそれで終わってしまい広げようがなくなってしまいます。

なるべくいろんな枝情報を前置きして、答えを最後に持ってくることで多くの文字数を稼いでいるわけですが

読む側からしたら、なかなか答えを言ってくれない上に、どれが答えなのかもわかりにくいサイトやブログがたくさんあり、不便を感じますね。

 

長文有利、の声

やはり記事は長いほうが高く評価される、という根強い意見。

でもこの「長文SEOが有効」というのはなぜ言い切れるんでしょうね・・・。

圧倒的統計を取っているんでしょうか。すごいです。

 

本文の質を上げる

これだけ「長文がいい」、「短文がいい」という声があるということは

そもそも一番重要視されているのが記事の長さではないということが明白です。

一番重要視されているのは、読者の求める答えがあるか、

タイトルのキーワードに合った情報がしっかり提供されているかということでしょう。

記事の長さなどのおまけ要素に振り回されることなく、有益な情報を提供できるようにしていきたいですね。