東京に住む理由ってなんだろう

スポンサーリンク
Days

どうも、黄昏行き片道切符、クラウンです。

「東京」に住む意味ってなんなんですかね。




人が行き交う大都会、東京。

この人が多くて生き急いでて冷たくて常に競争してて狭くて臭くて眠らない街にどうして暮らしてるの、と聞かれたら

僕はなんと答えよう。

東京に住み始めた理由は?

そう、なぜ東京に住み始めたのか。

僕は生まれも育ちも東京じゃない。

湘南生まれ東北育ち。

悪そなやつはご遠慮いただきたい。

友達で東京に出てくるやつはいたけどだいたい進学のために上京してたし僕は大学にも行ってないので上京の理由はそれじゃない。

音、鳴らしにきた。

僕はバンドやろうと思って上京してきたのです。

バンドで飯食おうとマジで思ってた素敵な時代が僕にもありました。

あの頃は本当に輝いてた。好きなことやって生きてたので、多少の貧乏も苦じゃなかった。

真性のクズだったがそんなことはどうでもいいくらい輝いてた。

あと天一ばっかり食ってた。

「バンドマンつったら高円寺でしょ‼︎」つって高円寺に住んだ。

高円寺の駅前で行き交う人を眺めながらよく何も考えずにタバコ吸ってた。

高円寺には5年住んだ。

でもいまだに付き合う友達なんてできなかったし彼女もできなかったしバンドも解散したし行きずりの女とセックスはしたけどぶっ飛んだ人間ばっかりだった。

若者も多かったけど、今思うとみんなどうしていいかわかんなくて誰かにしがみつきたくて必死でもがいてた気がする。

迷走

バンドやめてからはとにかく迷走していた。

新宿でずっとパチンコ打ってたりバイトしては辞めを繰り返しその日暮らしを続けてた。

治験のバイトも受けたが「太りすぎで痛風のリスクがあるからちょっと」と断られたりもした。体張って新薬の実験台になってやろうとして警告されて帰ってくる惨めさったらない。

魚さばいたり焼き鳥焼いたり肉卸したりして暮らしていた。

サイパン

なぜか一度、バイト先で知り合ったぶっ飛びガールにサイパンに拉致られたことがあった。

旅費全額出してくれて3泊4日くらいだったと思う。

サイパンはバイクは無免許で乗れるのでビッグスクーターをレンタルして島を回っていた。

途中、道路を走っていて店に入ろうと曲がったとき、道路の上が海岸の砂まみれでスリップし派手にコケた。

水着でバイクを乗り回してたので左の肩がズルズルになり血だらけで現地の人に手当てしてもらった。

皮がむけて肉が見えている肩にでっかいハエがピトッと止まったのを覚えてる。

グロットという波が岩に打ち付けてえぐれた穴の秘境があるのだけど、そこにインストラクターなしで飛び込んで波にカラダを持って行かれ岩に打ち付けられて死ぬかと思った。

グロット

今思えば生きて帰ってこれたのが奇跡だ。

クズ生活

それから先は、住んでいたアパートの家賃を半年以上滞納し追い出され、居候したり居候したり、時には居候も厭わずに生活をした。

この頃が人生で一番クズだったと断言できる。

よく金を無心し、断られたら逆ギレしていた。

今までよく生きてこれたな、と思う。

いつどこで誰に殺されてもおかしくない生活だった。

そして今

そして今、就職し役職もつき普通に仕事して普通に生きている。

でも普通になってみて思う。

「なんで東京にいるんだろう」と。

競争は激しいし息しづらいし臭いし狭いし精神病んでるやつ多すぎなこの大都会に、なんでまだいるんだろう、とよく思う。

別に田舎だって職を選ばなければ仕事はあるし

むしろ今はどこでだって自分で仕事できる時代だし

買い物だってボタン一つで自宅まで持ってきてくれるし

本気で東京にいる意味がわからなくなってきています。

近い将来、宮崎あたりでマンゴー育てようと本気で思っています。

 

 







タイトルとURLをコピーしました